ポル7のひとり言

アクセスカウンタ

zoom RSS 地元散策

<<   作成日時 : 2012/01/17 18:51   >>

トラックバック 0 / コメント 8

センター試験だった週末
土曜日は仕事したけど
日曜日は休んだった(^_^;)

玄関のしめ縄を焼いたり
都道府県対抗女子駅伝を見たり
のんびりとしてたけど
少しは身体を動かさなくてはと
ワンコ連れていつもの公園に行った

最近ハマってるのは
疎水めぐり

疎水(そすい)とは・・・・・・
灌漑(かんがい)・水道、水力発電などのため、土地を切り開いて造った水路(運河)のこと

先日公園内にあった御坂サイフォンのことを調べてたら、色々興味が湧いてきて・・・・・・

この御坂サイフォンを通る淡河疎水(おうごそすい)は、水の少ない印南野台地(現在の地元付近)に現在も水を通しているらしい。
印南野台地は江戸時代までは綿花栽培が盛んだったけど、貿易が盛んになって外国の安い綿が大量に入るようになってからは生活が苦しくなったらしい
そこで稲作に切り替えられれば生活は安定するだろうとは判っていたけど、稲作には大量に水が必要である
だから疎水が必要になったらしい
26kmの延長の水路を掘り、水量豊かな川から乾いた台地へ水をひく
100年以上も前に人力でやったとは、先人の努力には頭が上がりませんね

いつもと違って、探検に行く?
と聞くと

画像


それ何?
な感じのジョルディ

改めて、散歩に行く?
と聞くと

はいはい!!

画像


で、公園の端っこに到着

画像


ここを降りて行きます

画像


画像


どんどん降りて行くと〜

画像


疎水発見!

疎水の上に掛かる側溝の橋を渡る2匹

画像


疎水に流域の水が流入していくと、水量がどんどん増えて溢れてしまうので
疎水と側溝は合流していません
このようにオーバーパスか管でアンダーパスになっています

直ぐ近くには疎水のトンネルが!

画像


千と千尋みたい(^_^;)
ちょっち怖い感じ

上流に向かいます
今は稲作の時期ではないので水を流していません
灌漑(かんがい)時には現在でも水を通して使っているそうです

画像


ふかふかの落ち葉に用を足してるのは誰だ!

画像


1本橋を渡って遊ぶシルビー

画像


更に上流へ行く

画像


分水施設がありました

画像


その向こうにはまたトンネルが・・・・・

画像


明治時代中ごろに、こんなに立派なトンネルが造られて、
人知れず山の中を通って台地に水を通していたなんて
全然知りませんでした(-_-;)

途中、広い道がありました

画像


さっきの分水施設から始まっていたので、
車でも入ってこれるようにしたんでしょうか

結構延々と続いていました

画像


いっぱい、散歩出来たし
良い散策ができました♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
へぇ〜
用水路とかって楽しいですよね
見てて面白いというか・・・

ランドセル背負ってた頃に、通学路の工場の排水溝が面白くて
下校途中で溝に渡してある木に乗って遊んでたら、木が外れて
ドボンと落ちたことがあります(笑
必死に道路へ這いあがり、ヘドロまみれの臭い子供は、帰宅して母に怒られましたとさ…
ひろ
2012/01/18 00:33
「ポル7のジョルディ&シルビーと探検!」
社会の校外学習みたいで、ためになったね〜〜
ほんと、おもしろそうね。
良いところ見つけたね。
ストレス発散にはこういうところが一番だわ。
peru母
2012/01/18 01:39
ひろさん、

>用水路とかって楽しいですよね
>見てて面白いというか・・・

σ(^-^)も子供の頃は水路ばかり見ながら通学していました
昔の水路には、ザリガニがいたり、鯉やフナやヤゴなど、生き物たくさんいましたね
それを見つけるのも楽しかったけど
でも水路って流れを見てるだけでも楽しいんだよね
色んなもの放りこんで流してみたり
みんなで葉っぱレースしたり・・・・・・
ずっと、水路際走ってたような記憶が(^_^;)
だから海より川が好きなのかな〜

ひろさんも水路少年、もとい
水路少女だったんですね

ていうか、ひろさん、ボーイッシュで男の子が興味持つようなことが
好きですよね(^_^;)

>ヘドロまみれの臭い子供は、帰宅して母に怒られましたとさ…

あは(^◇^)
べっぴん台無しですね(^_^;)
ホンマ、悪ガキやわ〜

見た目とは全然違うね(^_^;)
ポル7
2012/01/18 09:49
peru母さん、

ベンキョになりましたか(^_^;)

シルジョル達は、何も学習はしておりませんが
ふかふかの落ち葉は楽しかったようです
ジョルディはまるで、雪遊びみたいにテンション高かったですからね

自分の住んでる街にも、色んな発見があると思いますよ
peru母さんの街もたくさん人が住んでて昔の痕跡はあまり残っていないかもしれませんが
絶対に何かしら残っていると思います

名所として整備されているものよりも、昔のまんま残っているものを見つけた時は
そこから色々想像すると楽しいですよ〜
お試しあれ(^_^;)
ポル7
2012/01/18 09:58
ポル7さん

私も地元散策大好き、特に疎水系は先人も食料増産への執念を感じますよ、維持管理について社会情勢や地域では地の方のジェネレーションギャップや私の様な外から宅地開発で入って来た人との間で思いの違いもあってつらい様です
北川
2012/01/18 10:40
子供離れして
子供の頃の遊び・・・探検、、ワクワク
複雑な気分・・
山歩きなんか 始めるきっかけ なのかな〜〜健康にも(^_-)

2012/01/18 10:43
北川さん、

>私も地元散策大好き

ですか〜(^_-)-☆

水に苦労してる土地ってたくさんあるみたいですね
知ればしるほど、ホント執念を感じずにはいられません

>外から宅地開発で入って来た人との間

なるほどね(-_-;)
そういうのは色んな形でありますね
ウチでは、街全体がニュータウンですが
隣街の由緒ある街では祭りが熱狂的なのに
ニュータウンの人間は冷めてます(-_-;)
ポル7
2012/01/19 17:28
嵐ちゃん、

探検楽しいね〜
アンタも好きでしょ(*^_^*)

少しは身体動かさないと(^_^;)

しかし、現在猛烈にストレス溜まりちう(-_-;)
ポル7
2012/01/19 17:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
地元散策 ポル7のひとり言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる