ポル7のひとり言

アクセスカウンタ

zoom RSS PTA活動活発化

<<   作成日時 : 2009/06/06 15:56   >>

トラックバック 0 / コメント 12

6月に入ってPTA活動が活発になってきました(汗)
上旬の2週間だけで5つも行事があります。
昨日は道徳フォーラムがパネルディスカッション方式で開催され、
テーマについて語りましたが・・・・・

画像


すみません、まだ去年の画像しかないのでボクはいませんが
こんな感じで100人以上の父兄の前で語る根性を持ち合わせてないので、
テーマについて原稿を作って10分ほど読み上げました。

前夜に晩酌しながら声に出して練習しましたが噛み噛みで舌がやばかった(汗)
当日、大勢の前で緊張感が和らがないまま本番がスタート(激汗)
最初の1、2分は声が確実にうわずってましたが3分くらいで落ち着き、
一度も噛むことなく終了♪

結構好評頂きました。

長文読む勇気のあるかたはどうぞ〜

************************************

平成21年度 道徳フォーラム

テーマである「人と人とのつながりを通して豊かな心を育てるために!」
の豊かな心とはどんな心なのか具体的にピンとこないので考えてみました。
対照的な貧しい心だと、私利私欲を中心に考える、他人を妬む等容易にイメージ出来ます。その逆を返せば、豊かな心とは、相手の立場に立って物事を考えられること、小さなことでも大きく受け止め喜べること、相手の幸せを素直に喜べる心が豊かな心ではないかと思いました。

例えば空を見上げて、雲を見る。秋のうろこ雲を見て今日の雲は高いところにあるな〜とか、夏の入道雲を見て何故あんな形になるんだろう?とかそう言うことに素直に疑問を感じ想像力を馳せる心。
また、寒い冬が終わって暖かく感じたある日、足元にたんぽぽが咲いてることに気づき、その茎をテントウ虫がよじ登っている光景を見て思わず幸せになってしまう心。
そんな些細なことに幸せを感じられると言うことは、相手が今どんな気持ちなのか感じ、想像できる力が備わっていると思うのです。

豊かな心に育てるために家庭からできること・・・・・
実際に私自身の家庭でやっていることを例に3つお話しします。

先ず一つ目は想像力を養うためにやっている読書です。
我が家にはTVゲームと言うものがありません。
今時、時代遅れな家庭と言われることも多いですが、TVゲームをするにしろTVをだらだら見るにしろ、子供は画面から絶えず溢れ出す一方的な情報を目と耳から受けるばかりで自分で物を考えると言う思考回路が低下してしまいます。
これは、人の五感を通して行われる情報吸収の割合は視覚が60%、聴覚が20%、触覚は15%、嗅覚は3%、味覚は2%と言われており、TVを見ると言うことは視覚と聴覚だけで約8割もの情報を認識できてしまうと言うことなのです。
これでは想像力を働かせる必要があまりありません。
みなさんのご家庭では不必要にTVをつけっ放しにされてないでしょうか。

例えば、知らない未知の生き物の情報を、文字だけで認識しようとする場合と、人から直接聞く場合、それから絵や写真で見る場合、最後にビデオ等映像として見る場合があります。
想像力をかき立てるのは文字からの情報が圧倒的で、映像で見る場合はその時点で問題をほぼ認識してしまうので想像力は不必要になります。

小説を読んでから映画を見る。映画を見てから小説を読む。
映画を見た後に小説を読むと、映画で見た主人公や背景をベースに頭がイメージしていきます。映画にはなかった場面もリアルに想像できるでしょう。
反面、小説を先に読むとイメージする人物、状況は千差万別です。誰一人として同じものを見る事はありません。想像力豊かな人は映画を見てがっかりされることも多いかと思います。みなさんは経験ありますか?

だから私は、想像力を養うためには読書が一番だと思っています。
漫画は挿絵が多すぎて想像力を削いでしまうので意味がありません。
幼児のころはまだ字が読めないので絵本から・・・・・
親に読み聞かせてもらっている間、子供はそのページの挿絵を自由に頭の中で動かして遊んでいると思います。その想像力は大人には理解出来ないレベルでしょう。
そのうち、次第に挿絵の少ない本になっていき、最終的には活字からの情報だけで、脳内に自分で映像をイメージできるようになります。
このように、読書を通して想像力を育むことで感情が豊かになり、また、目の前の人や遠く離れているその人が、何を思い、考えているかを想像する力も豊かになると思っています。

さて、次に我が家で実践していることと言えば、不自由さをも楽しむことです。
これは具体的にはキャンプのことなのですが、私の趣味で週末は良くキャンプに出かけます。それも、水道も電気も整ったような高規格なキャンプ場ではなく、逆のワイルドなキャンプです。
自然をありのまま受け入れ、綺麗な川で泳ぎ、限られた飲み水を大切に使い、夜はランタンの灯と焚き火そして星を楽しむ。
限られた条件下で自分なりの楽しさを見つけ、それに没頭する。

例えば昼間は川で水遊びを良くします。我が家の流行は「水切り」です。
水面に平行に石を投げてピッピッと何段跳ねるかを競う遊びです。
単純な遊びですが、石選び、投げ方にコツがあります。
先ず、見本でオヤジのいい所を見せます(汗)
初めて見たときの子供たちの反応はすごく良いです。
できるだけ平たい石で投げ易いサイズがいいのですが、それを教えてあげると、夢中になって良い石を探そうとします。
それでも上手くいかない場合はどうすればいいのか、子供たちは聞いてきます。どう投げれば良いのか、何故そうなのか、色々質問してきます。
目はキラキラ輝いています。
納得するまで3人の子供たちにそれぞれ改善点と理由を教えてあげます。
成功した時の笑顔は何物にも変えがたいものです。

夜は満天の星をただ眺めるのではなく、まず目立つ星に的を絞って、名前や距離や大きさ等を話します。
距離や大きさは具体的に子供の分かるスケールに変えます。例えばいきなり何光年と言ってもピンときません。新幹線の4倍くらい早い飛行機が地球を1周するのに40時間もかかる。7周半周ろうと思うと12日以上かかる。光はそれをたったの1秒で周ってしまう。そんなとてつもなく早い光でも何千年、何万年とかかるんだと話すと、もう子供たちの意識は宇宙空間に飛び出してしまったように呆然と星を眺めています。しばらくすると色々聞いてきますが、分かり易いように答えてあげます。

こうやって、現実離れした生活から、家に帰って元の生活に戻っても、しばらくはスイッチを入れるだけで灯りが点き、蛇口を捻るとそのまま飲める水が幾らでも出てくる。
そんな当たり前のことに感動し、感謝さえします。
これも慣れるとその感動も薄れてしまいますが・・・・

しかし、週末を自然の中で過ごすことで、親子のコミュニケーションもたっぷり取れ、自然を敬い、物を大切に使うことにつながっていると思います。

豊かな心を育むためにはキャンプに行かないとイケないわけではなく、親子が正面から向き合う時間を持ち、説教するのではなくたくさんの会話を楽しむことです。
その時大切なのは、お互いの会話に集中出来る環境作りが大切です。周りの音や映像を消して騒がしくない場所で相手の話を聞き、相手の見ているものと同じものを見て話す。向き合うことも大切ですが、横に並んで同じ気持ちになることも大切だと思います。

最後に他人を妬まない、相手の幸せを素直に喜べる心を養うには・・・
やはり、自分の心が満たされていないのに、人の幸せを素直に喜べる余裕は持てないと思います。
心は物欲を満たしても得られるものではありません。
自分のやりたいことを見つけそれに没頭する。夢中になっている時は分かりませんが、はっと気づいた時には既に満足した自分がいるはずです。
そんな時、人はその喜びを相手に伝えたいと思うし、相手の喜びも素直に一緒に喜べるのだと思います。
小さな子だと、庭先で見つけたアリの行列に夢中になり、一生懸命列をたどって行って巣穴の入口を見つけた時の喜び。苦労が多いほど喜びも大きいし満足度も高いと思います。

そんな満足感を得るためには、何かを見つけそれに夢中になれる環境が必要です。
何かを見つけること。それは「気づくこと」が基本だと思っています。
話が最初と被ってしまいますが、TV等は消して、静かな時間を作ること。何もせず、五感を通して感じることに集中出来れば、小さな音や微かな匂いに気づくはずです。興味が湧けばそれをとことん追求していくでしょう。
自然の中にはそういう環境が整っています。

そして、この「気づく」と言う感覚が大切で、相手の小さな変化にも気づき、想像力を加えることで相手を思いやると言う気持ちに発展していけるのだと思います。

このフォーラムのおかげで、豊かな心について自分自身改めて考え直せる機会を頂けたたこと、それからこの話がきっかけでここにおられる皆さんの少しでもお役に立てたなら、とても幸せに思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
明日、、シュラフな時に読みます
arashi
2009/06/06 21:10
エエ事書いてあるね〜!!
その通り、キャンプは小さな子供の感性を育みますわ。
チョットした事やけど、初めての経験は目をキラキラしてる光景。
懐かしいわ〜ホンマ。

キャンプ場にはラジオもテレビも無く、たき火を囲みながら家族で語らう…
う〜んイイ!!

しかし今のキャンプは夫婦二人で飲んだくれ…
まぁエエか〜
スギケン
2009/06/06 21:48
そうそう
でも頭では判っていても文章や言葉にするのは難しい・・・
それを大勢の前でなんて・・・
おさみん。
2009/06/06 23:52
ほんま、えぇ〜こと書いてある。理想やね。
こんな風に子育てできたら最高なんやけど・・・
実際は、キャンプでは夫婦で飲んだくれ、子は放し飼い状態で・・・ま、そんなこともあるわ!でもまぁ〜まぁ〜普通に成長する我が子也。道反れんかっただけでもOKでしょ!キャンプに来る子は皆良い子に育ってるね。そう思います!
さなえ
2009/06/07 19:22
こんなステキなキャンプ友達がいるじじは幸せ者ですわ。
ポル7ちゃん、ステキな長文ありがとう。
じじ
2009/06/08 07:33
ee内容だね
大変よく出来ました のハンコもんだね
チョット感心しました
だい
2009/06/08 14:07
arashiちゃん、

酔ってこれは読めんかったやろ〜(汗)
ポル7
2009/06/08 21:55
スギケンさん、

にお褒め頂け光栄でごじゃいます〜

>しかし今のキャンプは夫婦二人で飲んだくれ…

次はそれが出来るよう精進します〜
ポル7
2009/06/08 21:57
おさみんちゃん、

あざぁ〜っす!(汗)
学生時分は文章書くの苦手だったけど、
ブログ始めてから、結構慣れてしまったようです。
慣れって怖いですねェ〜(汗)
ポル7
2009/06/08 21:59
さなえちゃん、

あざぁ〜っす!
さなえ姉さんにお褒め頂き
恐悦至極にございます。

これからも精進致します〜(汗)
ポル7
2009/06/08 22:00
じじさん、

豊かな心の持ち主の見本は、じじで即決やね〜
(*^_^*)
長文お付き合いありがとう〜
ポル7
2009/06/08 22:02
だいちゃん、

あんたに褒められると、ケツがこそばい〜わ
(*^_^*)
ポル7
2009/06/08 22:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
PTA活動活発化 ポル7のひとり言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる